I TOP I Information I site policy I contact I
since 1962
NARA Young Men's Christian Association

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


風向きを気にすれば種は蒔けない。雲行きを気にすれば刈り入れはできない。
朝、種を蒔け、夜にも手を休めるな。
実を結ぶのはあれかこれか それとも両方なのか、分からないのだから。
2017年度基本聖句 コヘレトの言葉114節・6節~

HOME > アクア&フィットネス > YMCAのスイミングスクールは?12345678910111213141516

AQUATIC & FITNESS

YMCAのスイミングスクールは?

YMCA水泳教室の目的

ひとりでも多くのお子様が泳げるように

YMCAの水泳教室は、初心者水泳指導に重点を置いています。ひとりでも多くのお子様が泳げるようになることを目指し、毎年起こっている悲しい水難事故を未然に防ぐことを願っています。なぜなら 「 泳げる 」 ことは 「 泳げない 」 ことより水の事故から身を守る確率が高くなると考えるからです。そして水泳といったスポーツを通して、少人数のグループで仲間やリーダー(指導者)と共に頑張り、単なる泳法の習得だけでなく、体力の向上を養ったり、お子様同士や指導者との交流の中から、協調性や仲間を思いやる気持ち、団体行動でのルールなどを学ぶことも養えるようお手伝いしていきます。

① フィットネスを向上させる。
  アクアティックプログラムを通して、調和のとれた心身の発育、成長をめざし、いきいきとした人生が送れるように努力し続けます。
② 新しい技術を習得する。
  できなかった動き、技術ができるようになり、人生の幅が広がります。
③ 創意工夫する力を養い、気力を充実させる。
  目的に向かって努力をします。また、その努力の中に工夫を凝らします。
④ 安全思想の理解と水上安全技術を習得する。
  神から与えられたかけがえのない『生命』を守り育てるため、水難事故を未然に防ぐ技術の習得と安全思想の理解と普及を図ります。
⑤ 人と人との交わりを大切にする。
  アクアティックプログラムを通して、リーダーとメンバー、またメンバー同士が親しく交わり、ともに生きる世界を築いていきます。

クラス・グループの設定と指導体制

YMCAの水泳教室は、初心者水泳指導に重点を置いています。ひとりでも多くのお子様が泳げるようになることを目指し、毎年起こっている悲しい水難事故を未然に防ぐことを願っています。なぜなら 「 泳げる 」 ことは 「 泳げない 」 ことより水の事故から身を守る確率が高くなると考えるからです。そして水泳といったスポーツを通して、少人数のグループで仲間やリーダー(指導者)と共に頑張り、単なる泳法の習得だけでなく、体力の向上を養ったり、お子様同士や指導者との交流の中から、協調性や仲間を思いやる気持ち、団体行動でのルールなどを学ぶことも養えるようお手伝いしていきます。

① YMCAでは、1年間を3学期(4月~7月/8月~12月/1月~3月)に分けて指導しています。
  基本的に学期間のリーダーやメンバーは固定になります。
② 1クラスに1名、クラスディレクターを配置しています。
  クラス全体を総括し、プログラム中はプールサイドより、ガードの役割も担っています。
③ 小グループによる指導形態を取り入れています。
  リーダーとメンバー同士が名前で呼び合い、心と心を通わせ、励まし合いながら水泳を学ぶために最も適していると考えているから
  です。その人数の目安は、幼児で6~8名、小学生で8~10名だと考えています。

指導方法について

YMCAの水泳指導においては、常に水上安全が優先されていることが特徴です。

① YMCAでは、クロールからの導入の指導体系をとっています。それは、

  • ◇クロールの動作が人間の自然動作(歩行動作)に最も近く習得しやすいからです。
  • ◇水中で息を吐き、空中で息を吸う水泳独特の呼吸法とリズムを早く身につけやすいからです。
  • ◇最もスピードが速いということは、一番効率の良い泳法だからです。
  • ◇クロールは小グループでの指導を前提として発達した泳法であり、指導者がメンバーの個人差への対応をしやすいからです。


② 次に背泳ぎの指導を行うのは、

  • ◇クロールで習得した技術を最も活用できる泳法だからです。
  • ◇水上安全の視点から呼吸を最も確保しやすい泳法だからです。
  • ◇また、平泳ぎやバタフライは、非日常的な動作が多く、水の中でしか体験できない泳法だからです。

YMCAはここが違う!

Point指導・・YMCAの指導者は『リーダー』と呼ばれています。
            お子様の成長をより良い方向へ導きサポートさせていただきます。
            年1回、『ひとりひとりの命を大切に』を願い、ウォーターセーフティーハンドブック(水上安全小冊子)を
            配布し、年齢に応じた水上安全学習(着衣水泳など)を実施しています。

Point環境・・環境に優しい『CO2削減に積極的に取り組んでいます!』
            ・経済産業省奨励『国内クレジット制度事業』に承認!(2011年3月23日付け)

Point評価・・学期末には『YMCA認定ワッペンテスト』を実施します。
            そして認定日にはリーダーから直筆のコメントを添えた『泳力記録表』を手渡し
            お子様の〝がんばり〟を賛美します。



YMCAは以下の4つの価値を伝えられるよう指導に取組んでいます。


キャプテンケアリング
思いやりの心(Caring)

自分のこと、他者のことを思いやること


トゥルーディーブルー
正直になる(Honesty)

自分に正直であり、他者に誠実であること


ビリーティー
できることは自分でする(Responsibility)

自分の行動に責任を持つこと


ゴールディールール
人を大切に思う(Respect)

自分自身を大切にし、他者を大切にすること


来て!見て!やって!納得!・・YMCAに全てお任せください。


世界最大の社会教育団体YMCAだからできること
 ・・それはお子様の成長を〝大きな愛で〟導き育んでいきます。
YMCAだからできること
 ・・精神(心)・知性(考える力)・身体(健康)の
   バランスのとれた人間形成!

.
.